スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「けいおん!」7巻買った

「けいおん!」BD7巻が19日に届いたので即日見ました。オリジナル話数の14話のスタッフは、脚本:吉田玲子、絵コンテ・演出:石立太一、作画監督:秋竹斉一・堀口悠紀子。
てっきり全編堀口作画が満喫できるのかと思っていたのでちょっと意外でしたが、考えれば「CLANNAD」「CLANNAD AFTER STORY」のオリジナル話数もメインスタッフの演出や作監じゃありませんでしたからね。
スタッフオーディオコメンタリーで、堀口さんの「唯好きだー」が聞けただけでも満足です。スタッフのコメンタリー聞いてて唯はスタッフに愛されてるなーと思いました。いや、もちろん他のキャラも愛されてるけど!

14話劇中は、ライブ直前にライブハウスの外で唯が憂達と話すシーンの唯の、ふんわり、ゆったりした動作がかわいかったです。何気に結構な長回ししてたり。
後ちょっと気になったのが、憂ちゃんが、瞼の処理が塗りつぶしではなく線の集合で描かれた唯っぽくふにゃんとふぬけた感じで笑うのと、リハ中のムギちゃんのガッツポーズ。この子こんな芝居するかな? って。
前者については、13話にも、律の家に届けられた手紙が澪の歌詞だと判明する所で澪がちょっと唯っぽい照れ笑いをするんですが、こっちはあんまり違和感がないです。

唯憂的には憂にライブのチケットが渡されるシーンがおいしかったです。

それからジャケット画像! 現物は思った以上によかったです。春っぽいパステル調の色指定と、色指定を変える前提で処理されている塗り分けがすっごくツボ。

公式ガイドブックも読みたい所は全部読みました。こっちの表紙は構図と背景美術が面白いですね。
これによるとシリーズ構成の吉田さんは憂がお好きだそうで。

絵ー。

k-on_005.jpg
k-on_006.jpg
k-on_007.jpg

3枚目は久しぶりにアタリから描いた絵をトレスしました。ここ何ヶ月か「けいおん!」絵がうまく描けなくて悩んでいたんですが、最初から線を決め込んでいくつもりで描かなければちょっとはマシになる……かな。
左は、ガイドブックで13話に律役の佐藤聡美が「(律の)弟の聡がかわいくって」とコメントしていたので、思わず田井中姉弟仲良し絵を。うん、聡くんかわいいですよね。
下の澪はワンピースが黒だったら原作版「魔女の宅急便」のキキ……。
スポンサーサイト

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

憂ずきん

k-on_003.jpg

「けいおん!」。
梓ごめん、入りきらなかった。
女の子はやっぱり描いてて楽しいです。あと気が楽。
服装を自分で考える時も、男性キャラより考え付くのに時間かからないし。

ずいぶん前にDVDの最終巻も予約しました。オリジナル話数楽しみ!
DVD最終巻、この間ジャケット画像が公開されましたね。最終巻になってついに屋外に出た軽音部員達。ドラマ性抜群!
あと昨日アンソロジーのVol.1も買いました。リサリサさんの絵が好き。絵も漫画も上手い。あとペンタッチが好きです。
一番笑ったのはカズホさんのかなー。他にも何ヶ所か吹き出したページありましたが。

k-on_004.jpg

そして憂ずきん。
いや、やっぱ1回はやっとかにゃいけないと思って!
でも描いて数日後、赤ずきん姉妹にすればよかったかなあとも思いました。
唯って策略をめぐらして人間をだまくらかすってガラじゃないですしね。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

お姉ちゃん大好きっ!

k-on_001.png

今日はアニメイトで「けいおん!」の憂ちゃんのキャラソンと「マクロスF」のシェリルのシングルを買って来ました。憂ちゃんのキャラソンがシスコン全開な内容で、唯憂的にもう辛抱たまらんくなったので「けいおん」キャラで落書きしました。

1曲目が「好き! 好き!! 大好き!!! お姉ちゃん大好きっ」(原文ママ)なんて歌詞で。やっぱりきょうだいっていいなー。きょうだいってだけで無条件にベタベタさせられるじゃないですか、同人的に。その辺が他人同士のコンビ・カップリングとの違いだと思います。
2曲目は「Oui!」(フランス語で「ウィ」)って(笑)。駄洒落ですか。

曲のクオリティ的にはシェリルのシングルの方が高い感じですかねー。私が菅野よう子の歌モノ信者なのもあるんですが。今回のシェリルのシングルはどちらの曲も私の好みとは違うんですが、「これはこれでいい」と思わせてくれました。特に表題曲は洋楽調のリズム重視のナンバーで、私の忌み嫌う曲調のひとつなんですが(笑)レベルが高いのでまあいいかと許せてしまいます。
ちなみに「マクロスF」ではランカ派。でもシェリルも応援してます。曲のほうでは、歌シェリルのMay'nの方が歌唱力があって高音域も使えて、カラオケで歌ってて気持ちがいいのでシェリル曲派です。

今日の絵の話。
一番右の唯は、アニメ版では山田尚子監督が「イモッぽさ」を意識していると発言しているだけあって、アニメの彼女達はあまりお洒落すぎない私服を着ているんですが、この絵ではアニメより気持ちお洒落な服装にしてみました。ちょっと唯っぽくないお嬢系の服装と仕草にしてみたり。後、今週の「クロスゲーム」で亡くなった主人公の小学校時代の彼女にそっくりな女の子が出てきたんですが、その子のイメージが途中から入ってます。
一応、上はニットチュニックで下は青系のデニムのつもりです。素材感出てないけど……。トップスは、今日市内のショッピングモールで見たフェルゥと言うブランドのツインニットの中の一枚を、胸下切り替えのAライン長袖パフスリーブにアレンジしました。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

「けいおん!」絵板絵寄せ集め

まずは「けいおん」の絵板絵なぞ。

唯001

k-on003.png

k-on004.png

k-on006.png


全部放送中に描いた物かな? なんか澪率が高いですが、描きやすいのと見た目が好みだからってだけで、私自信は唯派です。1番が唯、2番が憂ちゃん、3番がりっちゃん。

唯憂はもう二人とも萌えて萌えてたまんないですね。クリスマスの回とか俺を殺す気かと! 姉妹でいつまでもイチャコラしていて欲しいです。
りっちゃんは本当にいい子だなーと思います。「萌え」より「好き」という感じ。普段ちゃらんぽらんに振る舞っている分、仲間を気づかったり、ナイーブな一面を見せたりするとそのギャップで惚れます。アニメで一番株が上がったキャラではないでしょうか。律澪が多いみたいだけど、強いて百合にするなら個人的には澪律かなあ。
あとムギちゃんの「りっちゃんの代わりはいません!」はいつまでも忘れられない名台詞になりそう。

あ、澪と梓とさわちゃん先生? えっとごめん。でも嫌いじゃないよ。

あ……和完全に忘れてた。マジでごめん。

自分の中でこの作品はまだまだ熱いんですけど、今後も「けいおん」キャラを描くかは分からないので、まだカテゴリは作らないでおきます。

DVD最終巻の番外編が楽しみです。わくわく。

テーマ : けいおん!
ジャンル : アニメ・コミック

sidetitleプロフィールsidetitle

快打リョウ

Author:快打リョウ
twitter

drawr

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。